ダイエットの前に脂肪の話

「ダイエット=体重を減らすこと」と捉えている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、私は、「ダイエット=余剰な脂肪を減らすこと」と考えています。

 

脂肪とは

 摂取したエネルギーが、消費したエネルギーを上回った場合、非常時のエネルギーとして主に脂肪細胞に蓄えられます。これが体脂肪です。体脂肪は、外的な力から内臓を守ったり、体温の維持、飢餓の際のエネルギー源になります。脂肪細胞は、女性の月経などに関与しています。

 つまり、人が生活するうえで、脂肪は必要なものです。脂肪が少なすぎれば、疲れやすい、体が冷えやすい、免疫が下がる、無月経などのトラブルを引き起こす可能性があります。

 

問題なのは、過剰な脂肪

 少なすぎても良くない脂肪ですが、もちろん多すぎる脂肪も高血圧、動脈硬化、睡眠時無呼吸症候群など様々なトラブルを引き起こします。ダイエットとは、この過剰な脂肪を減らしていくものだと思います。

 

ちょうどいい脂肪の量とは、

 多すぎても少なすぎても良くないなら、どれぐらいがちょうどいいのか。個人差はもちろんありますが、国立循環器病研究センターからの情報では、

体脂肪率男性15~20%女性20~25%

が適正範囲だそうです。体脂肪率がわからない方は、体格指数BMIという伸長と体重を用いた計算でもおよその目安がわかります。

 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

WHOの基準では、BMIが

18.50~25未満を普通体重

25~30未満を肥満予備軍

30以上を肥満

18.50未満を低体重

と定めています。つまり伸長170cm、体重66kgの人のBMIは

 66÷1.7÷1.7=22.83737・・・

となりBMI約22.84普通体重となります。

 ダイエットされる方は、この体脂肪率やBMIを参考にしてみてください。